PR

 地方銀行8行やローソン銀行などで2022年3月26日に発生したシステム障害が順次復旧している。常陽銀⾏や⼗六銀⾏など地銀8⾏とローソン銀⾏においては3⽉27⽇午前10時20分時点で、⼀部を除いてサービスは復旧している。

 今回のシステム障害では、足利、常陽、十六、南都、もみじ、山口、百十四、北九州の地銀8行とローソン銀行でATMやネットバンキングなどが利用できなくなったことが分かっている。各行とも一部を除いてサービスが復旧したことをWebサイトやSNS(交流サイト)で明らかにしている。一部で通帳やキャッシュカードをATMが取り込んだままになっており、顧客に連絡を取り、返却を進める。

 システム障害の原因は、キンドリルジャパンの関東地方にあるデータセンターで3月26日午前11時8分に発生した電源系統の障害。各行とも同データセンターを利用していたとみられる。電源自体は午前11時44分に回復したが、顧客システムの復旧に手間取った。詳細な原因は「調査中」(キンドリルジャパン広報)としており、現時点で明らかになっていない。

関連記事: 常陽銀行など複数地銀とローソン銀行でシステム障害、データセンターで電源障害か 関連記事: 長引く地銀8行やローソン銀行などのシステム障害、データセンターの電源は復旧