NECソリューションイノベータは2022年3月29日、VR(仮想現実)を応用した食肉衛生検査の実習用システムを酪農学園大学と共同で研究開発したと発表した。獣医学系大学に所属する学生のトレーニングで活用することを想定する。同年4月から酪農学園大学で利用するほか、NECソリューションイノベータが「NEC 食肉衛生検査実習VR」という名称で獣医学系の大学に販売する。

VR技術を使った検査の画面イメージ
VR技術を使った検査の画面イメージ
(画像提供:NECソリューションイノベータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 仮想空間上に食肉衛生検査所の検査室や検査機材、検査対象の臓器などを再現し、食肉衛生検査を体験、実習できるようにした。食肉衛生検査所は衛生面や管理面の事情から立ち入りが制限され、学生の実習が難しい。さらに新型コロナウイルス禍の影響で学生などの部外者はそもそも検査所に入場できなくなるなど、制限が強まっている。現場での実習が難しくなるなか、その機会を補う手段としてVRシステムを活用する。

 NEC 食肉衛生検査実習VRの年間ライセンス価格は学生1人当たり税別1万5000円。VR機器の費用が別にかかる。2年間で全国にある獣医学系大学の約3割へ導入することを目指す。