PR

 南日本放送とTomoBizは連携し、鹿児島県内の小売企業に向けて、TomoBizが運営する免税販売手続き代行サービス「REMOTAX(リモタックス)」の導入促進に関する実証実験を2022年4月1日に開始する。3月28日に発表した。

 日本では免税手続きを小売店側が行うことが一般的で、特に小規模店舗にとっては運用コストや専門人材の確保が大きな負担となっていた。南日本放送は、負担の大きさからこれまで外国人観光客向け免税販売を諦めていた小売店に対してREMOTAXの導入を促進し、小売店の業務効率化や訪日外国人の買い物満足度向上、インバウンド観光振興による地域活性化を目指す。

 南日本放送とTomoBizは、購買データの活用や越境ECの検討など、新たな観光関連サービスの開発も検討していく予定。鹿児島の観光資源の魅力発信に加え、免税販売によって地域小売業の「稼ぐ力」を引き出し、インバウンドに強い街づくりに貢献したい考えである。