PR

 大阪大学(以下、大阪大)大学院工学研究科と島津製作所、シグマクシス(東京・港)は2022年3月28日、動物の細胞を人工的に増やして造る「培養肉」を、3Dプリンターで自動生成する装置の社会実装に向けて協業すると発表した(図1)。2025年開催の大阪・関西万博で装置の展示や培養肉を使った料理の提供を目指す。

図1 試作した培養肉の断面
図1 試作した培養肉の断面
断面の大きさはおよそ5×5mm。(出所:大阪大)
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪大学大学院工学研究科教授の松崎典弥氏らは、細胞を細長い状態にプリントしたものを培養して、同学が「細胞ファイバー」(繊維組織ファイバー)と呼ぶ繊維状の筋肉や脂肪、血管の組織を得る技術を21年8月に発表している(図2)。牛肉などの構造をまねて細胞ファイバーを積み重ねれば、食感を再現できるという。ただし、「筋肉や脂肪、血管の組織ごとに必要な培養液(分化因子)が違うため、現状は1度の製造で1種類のファイバー組織しか造れない。試作した培養肉は、造った細胞ファイバーを1本ずつ手作業で積み重ねて作っている」(島津製作所の開発担当者)という。

図2 培養肉の3Dプリント技術を説明する大阪大学大学院工学研究科教授の松崎典弥氏
図2 培養肉の3Dプリント技術を説明する大阪大学大学院工学研究科教授の松崎典弥氏
会見は大阪大吹田キャンパスで開催された。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 今後の協業では、複数種類の細胞ファイバーを同時にプリントしたものを培養し、それを成形して培養肉などを得る、といった一連の工程を自動化するシステムの構築を目指す(図3)。

 従来の培養肉は、シャーレの上で2次元的に培養するため、ミンチ状の肉しか造れず、本物の牛肉のような構造化された肉の再現は困難だった。

図3 培養肉自動生産システムのイメージ
図3 培養肉自動生産システムのイメージ
(出所:島津製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪大と島津製作所が培養肉の自動生成装置の開発を担う。島津製作所は、味や食感、風味、かみ応え、および栄養分の含有量など、おいしさや機能性の分析・計測技術も提供する。シグマクシスは、装置開発に必要な技術やノウハウを有する企業や団体を探したり、開発進捗や課題の管理をしたりするアグリケーターとして開発を推進する。培養肉のサプライチェーンの構築や、再生医療など他領域への事業展開などもシグマクシスがサポートするという(図4)。

図4 会見後の登壇者の集合写真
図4 会見後の登壇者の集合写真
左から島津製作所専務執行役員分析計測事業部長の馬瀬嘉昭氏、大阪大大学院工学研究科長の馬場口登氏、松崎氏、シグマクシスDigital & SaaS Sherpa Directorの桐原慎也氏。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]