PR

 富士通は2022年3月30日、スーパーコンピューター「富岳」のCPU「A64FX」を搭載した「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX700」で構成するクラスターシステム上で、36量子ビットの量子回路を扱える量子コンピューターのシミュレーターを開発したと発表した。大阪大学基礎工学研究科藤井研究室が開発した量子回路シミュレーションソフトウエア「Qulacs(キュラックス)」を利用。36量子ビットの量子演算で、米インテルや米IBMなどが開発する主要な量子シミュレーターに比べて約2倍の性能を達成した。

 採用するQulacsの性能を最大限引き出すため、富士通は複数の工夫を施した。まず、「A64FX」に移植する際、複数の計算を同時に実行するSVE(Scalable Vector Extension)命令を活用することで、メモリー帯域を最大化した。また、Qulacsを並列分散実行できるようにし、計算と通信を同時実行することで処理にかかる時間を削減した。加えて、量子計算に合わせてデータを再配置する技術も開発した。量子回路および計算の進捗に合わせてデータを効率良く再配置するという。

 さらに富士通は新たな共同研究も開始する。今回発表したシミュレーターを活用し、2022年4月1日から2023年3月31日までの1年間、富士フイルムと共同で材料分野における量子コンピューターの応用を研究する。シミュレーターを使って量子アルゴリズムを検討・評価するという。

 同社は今後の計画について、2022年9月までに40量子ビットの量子シミュレーターを開発するとした。今後、金融や創薬など様々な分野の企業と共同で量子コンピューターの応用について研究する。