PR

 日本惣菜協会(東京・千代田)は2022年3月29日、同協会の会員企業が食品の盛り付けロボットを導入したと発表した。経済産業省が事業費のおよそ3分の2を補助する取り組みの一環。機械化が遅れているとされる食品分野でのロボット活用を進める狙いがある。

 具体的には、2つのロボットシステムの実用化を発表した。1つは、FAプロダクツ(東京・港)などが開発した「惣菜盛付ロボット」(図1)。マックスバリュ東海のデリカ長泉工場(静岡県長泉町)に4台を導入した。

図1 「惣菜盛付ロボット」
図1 「惣菜盛付ロボット」
スカラロボットに取り付けたハンド機構でポテトサラダをつかみ、食品トレイに盛り付ける。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

* 令和3年度の「革新的ロボット研究開発等基盤構築事業」。

 惣菜盛付ロボットは、スカラロボット(水平多関節ロボット)に搭載したハンド機構(エンドエフェクター)で食品をつかみ、トレイに盛り付ける。ハンド機構には質量計が組み込んであり、コンテナに入った食品を所定の質量だけ盛り付けする。「従来は7人だった作業を、4台のロボットと3人でこなせるようになった」(マックスバリュ東海)。

 3月29日に開催した記者説明会の実演では、ハンド機構が所定の質量のポテトサラダを把持できるまで自動で試行を繰り返す様子を披露した。マカロニサラダなど他の食品でも使えるように、取り扱う食品ごとにロボットの設定を切り替えられるのに加え、食品によって異なるハンド機構を簡単に脱着できるようにした(図2)。

[画像のクリックで拡大表示]
図2 ハンド機構でポテトサラダをつかむ様子
図2 ハンド機構でポテトサラダをつかむ様子
決まった量をつかんで(上)トレイに盛り付けてみせた(下)。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つは、アールティ(東京・千代田)の人型協働ロボット「Foodly」(図3)。これまでに日本惣菜協会の会員企業3社が導入し、レトルト食品の製造や弁当の盛り付けなどの現場で稼働しているという。

図3 人型協働ロボット「Foodly」
図3 人型協働ロボット「Foodly」
トングで食品の模型をつまみ、弁当箱につめてみせた。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 経済産業省によると、食品製造の分野では性能を抑えて廉価なロボットが必要とされている。しかし、「産業用ロボットの多くは製造業など既存分野を想定した製品が多く、食品製造分野にとってはオーバースペックで価格も高い」(同省の担当者)。

 今回の官民一体の取り組みを通じ、同省は多くのロボットメーカーが食品製造分野向けの製品やソリューションを提供する呼び水にもしたい考えだ。