PR

 NTTドコモは2022年3月31日、Webブラウザーから基本無料で参加できるメタバース「XR World」を同日開設したと発表した。分身キャラクター「アバター」を操作してインターネット上の仮想空間に参加し、他のユーザーが操作するアバターと会話したり、音楽ライブ映像などのコンテンツを楽しんだりすることが可能だ。NTTが同日発表したXR(クロスリアリティー)関連のサービスブランド「NTT XR」の取り組みの一環という。

 同社のメタバースの特徴は、ヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)を装着せずにスマートフォンやタブレット端末、パソコンのWebブラウザーだけで仮想空間に参加する点だ。他のユーザーとは音声や文字によるチャット機能や、アバターの表情やしぐさを操作する機能を利用しながら会話する。この仮想空間は、グループ会社のNTTデータや、資本・業務提携先でVR(仮想現実)技術に強いHIKKYと連携して整備した。

 開設当初は音楽アーティストによるライブ映像や楽曲の試聴、音楽ビデオの視聴など、音楽ジャンルのコンテンツを中心に提供。一部のコンテンツは有料となる。今後もエンターテインメント、スポーツ、教育、観光といったさまざまな分野のコンテンツを順次追加していく予定。また、将来的にはHMDに対応したサービスも追加する方針だ。

NTTドコモのメタバース「XR World」で利用できるアバターのイメージ
NTTドコモのメタバース「XR World」で利用できるアバターのイメージ
(出所:NTTドコモ)
[画像のクリックで拡大表示]