東京千代田区の秋葉原エリアで地域資源を生かして観光地としての魅力を創り出す事業を推進しているAKIBA観光協議会と、大日本印刷(DNP)は2022年4月4日、連携して、秋葉原の魅力を発信・共有する仮想空間「バーチャル秋葉原」をオープンしたと発表した。

 バーチャル秋葉原では、地域事業者の賛同を得たうえで、秋葉原のメインストリートの1つである、中央通りの万世橋から神田明神下交差点までのエリアや、神田明神を仮想空間に再現した。

バーチャル秋葉原の空間内の様子
バーチャル秋葉原の空間内の様子
(出所:AKIBA観光協議会、大日本印刷)
[画像のクリックで拡大表示]

 この仮想空間には、買い物ができる店舗やギャラリースペース、広告用のデジタルサイネージを設けることが可能だ。様々な企業がこの仮想空間を、新たな情報発信や販促活動の場などとして活用できる。ユーザーは専用サイトにアクセスしたうえで、パソコン向けアプリやVR(仮想現実)ゴーグル、Webブラウザーを介してこの仮想空間を楽しめる。この仮想空間のオープンを機に、地域経済の活性化や、コンテンツ市場のより一層の拡大、新しい秋葉原ファンの創出などを図る。

 DNPはこの仮想空間における開発や機能設計を、AKIBA観光協議会や千代田区、千代田区観光協会の協力を得て進めている。2021年から、現実のものとパラレルで存在する仮想的な街・施設を、自治体や施設管理者の公認を得たうえで構築・運用する「XR(Extended Reality)コミュニケーション事業」を推し進めている。バーチャル秋葉原も、この事業の一環で開発した。