PR

 情報処理推進機構(IPA)は2022年4月4日、2021年11月に公開した文書ファイル「DX実践手引書 ITシステム構築編」を改訂したと発表した。

 DX実践手引書 ITシステム構築編はDX(デジタル変革)に未着手だったり、取り組みの途中だったりする企業の担当者を、技術面から支援するためにIPAが作成し、インターネットで公開してきたものだ。DX先進企業を対象にしたインタビュー調査の結果を踏まえて、DXを成功させるために必要な考え方をまとめてある。

 2021年11月の公開版では、経営・事業・技術という3つの観点に通じていてリーダーシップを発揮できる人材を指す「ヤタガラス人材」や、DXを実現するためのITシステムのあるべき姿を技術要素群で表した「スサノオ・フレームワーク」について解説している。

 今回の改訂版では、DXを継続的に進めるための考え方として、DXで目指す変革規模と組織成熟度という指標を定義。その上で、変革規模や組織成熟度を高めるための有効な施策を紹介している。また、DXにおける情報セキュリティーの考え方を整理したり、ビジネスの競争力向上につなげるための外部サービスの活用方法を紹介したりしている。

 このほか、スサノオ・フレームワークの解説では、クラウドやIoT(インターネット・オブ・シングズ)、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)などの技術要素とスサノオ・フレームワークがどう関連するのかについて追記した。