PR

 ホンダと米General Motors(ゼネラル・モーターズ:GM)は2022年4月5日、電気自動車(EV)に関する提携を拡大すると発表した。量販価格帯の複数車種のEVを共同開発し、27年以降に北米を手始めに世界で販売する。

 これまでEVに関する両社の提携関係は北米市場に限られていた。今回の提携拡大を機に、EVに適用するプラットフォームや両社の生産設備の共通化などを進め、27年以降に両社で数百万台規模の生産を目指す。

 具体的には、GMの次世代リチウムイオン電池「Ultium(アルティウム)」を搭載した小型SUV(多目的スポーツ車)タイプなど複数車種のEVを共同開発し、両社の工場で生産する計画である(図1)。

GMの次世代電池「Ultium」
図1 GMの次世代電池「Ultium」
(出所:GM)
[画像のクリックで拡大表示]

 車両価格についてGMは、「当社がまもなく発表する小型SUVタイプのEV『Chevrolet Equinox EV』よりも安い価格帯にする計画」と述べる。同車の価格は約3万ドル(1ドル=123円換算で約370万円)になる予定だ。ホンダとGMが共同開発するEVは、300万円台になるとみられる。

 今回の提携拡大の発表を受けて、ホンダ社長の三部敏宏氏は同日に、「グローバルでのEVの販売台数を飛躍的に拡大するため、これまでの技術領域における協業をさらに強固なものにしていく」と表明した(図2)。

三部敏宏氏
図2 ホンダ社長の三部敏宏氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 GM会長兼CEO(最高経営責任者)のMary Barra(メアリー・バーラ)氏も同日に、「両社が協業することで、それぞれが単独で取り組むよりも早く顧客にEVを届けられる」とのコメントを発表した。

 なお、ホンダは21年6月に、GMと共同開発した大型SUV2車種を24年に北米で発売すると発表した。今回の発表は、この提携関係を発展させるものになる。また、電動化コストの削減などを目指し、次世代電池に関する協業の深化についても検討するという。