PR

 ランサムウエアを使うサイバー犯罪者集団Conti(コンティ)が、パナソニックの海外子会社からデータを窃取しその身代金を請求していると同集団のリークサイトにおいて主張していることが2022年4月6日までに分かった。サイトには、窃取したと主張するデータのファイル名などが掲載されている。

サイバー犯罪者集団Contiのリークサイトに掲載された、パナソニック カナダから窃取したと主張するデータの概要
サイバー犯罪者集団Contiのリークサイトに掲載された、パナソニック カナダから窃取したと主張するデータの概要
(出所:セキュリティー専門家からの提供)

 リークサイトでは、パナソニックのカナダの子会社であるPanasonic Canada(パナソニック カナダ)とそのURLが示され、窃取したと主張するデータのファイル名などが公開されている。パナソニックの広報は日経クロステックの取材に対して、「本件について現在確認中」と4月6日午後1時までに回答した。

 パナソニックは2021年11月、同社海外子会社が採用応募者などの個人情報に不正アクセスを受けたことを明らかにしている。

関連記事 パナソニックが不正アクセスの結果発表、サーバーに採用応募者や取引先の個人情報
■変更履歴
公開当初、「パナソニックは2021年11月、同社インド子会社が不正アクセスを受けて採用応募者などの個人情報が流出したことを明らかにしている。」としていましたが、正しくは「パナソニックは2021年11月、同社海外子会社が採用応募者などの個人情報に不正アクセスを受けたことを明らかにしている。」です。おわびして訂正します。本文は修正済みです。 [2022/4/6 17:40]