PR

 トヨタ自動車、富士スピードウェイ、東和不動産は2022年4月6日、富士スピードウェイを中心とする体験型の複合施設「富士モータースポーツフォレスト」を静岡県小山町に建設すると発表した。22年秋から順次オープンする。

「富士モータースポーツフォレスト」のイメージ
「富士モータースポーツフォレスト」のイメージ
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 同施設はトヨタが静岡県裾野市に建設する実験都市「Woven City(ウーブン・シティ)」とも地理的に近い。ウーブン・シティが最先端のモビリティー技術を含むスマートシティーの実験場なのに対し、富士モータースポーツフォレストは「大人の遊び場・社交場」(同社執行役員GAZOO Racing Company Presidentの佐藤恒治氏)と位置付ける。自動車やモータースポーツのファンに加え、一般の人も楽しめる街づくりを目指す。

 富士スピードウェイの周辺に、「富士スピードウェイホテル」や、時代を象徴するレーシングカーを展示する「富士モータースポーツミュージアム」、レーシングチームが集うガレージなどを建設する。特にガレージは、トヨタ社長でレーシングドライバーの「モリゾウ」こと、豊田章男氏の強い希望が生かされたという。

トヨタ社長の豊田章男氏(中央)のアイデアも盛り込まれた。左がトヨタ執行役員GAZOO Racing Company Presidentの佐藤恒治氏、右が東和不動産社長の山村知秀氏
トヨタ社長の豊田章男氏(中央)のアイデアも盛り込まれた。左がトヨタ執行役員GAZOO Racing Company Presidentの佐藤恒治氏、右が東和不動産社長の山村知秀氏
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 最近では、カーボンニュートラル燃料のように、レース活動を通じて開発が進む技術も多い。技術者を含むレーシングチームを間近に見られる環境としてガレージを用意し、次世代のクルマ造りをアピールする狙いがある。

 22年秋に富士スピードウェイホテルと富士モータースポーツミュージアムが開業し、23年以降、ガレージなどが順次開業する予定。年間100万人規模の来場者を目指す。

 なお、デベロッパーとして開発を担当する東和不動産は、22年4月27日から「トヨタ不動産」に社名を変更する。トヨタグループであることを明確に示す狙いがある。

富士スピードウェイの周辺にホテルやミュージアム、レーシングチームが集うガレージなどを建設
富士スピードウェイの周辺にホテルやミュージアム、レーシングチームが集うガレージなどを建設
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]