PR

 NECとノルウェー子会社であるNEC OncoImmunity(NEC オンコイミュニティ)は2022年4月8日、AI(人工知能)を活用し、新型コロナウイルスなどに向けた次世代mRNAワクチンの研究開発を始めたと発表した。新型コロナウイルスなど100種類以上のウイルスが含まれる「ベータコロナウイルス属」全般への有効性を期待するもので、次のパンデミックに備える。

 次世代ワクチンは、現在実用化されている新型コロナウイルス向けのmRNAワクチンと同様の仕組みに加えて、免疫細胞の一種である「T細胞」がウイルスに感染した細胞を攻撃する作用も盛り込む。T細胞による免疫応答の効果は10年以上持続するとの報告があり、ワクチンを打った効果が長期間持続することが期待できるという。

 次世代ワクチンの設計には、ベータコロナウイルス属全てのゲノムデータを解析し、その中からT細胞がウイルスに感染した細胞を攻撃するための目印となる遺伝子配列をAIで予測する。予測後、数理最適化の技術を使って変異しやすい遺伝子配列を除去するほか、人種で効果が変わらないようにワクチンを最適化していくという。

 NECは今回の取り組みで、国際基金「感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)」の資金援助を受ける。最大480万ドルの支援を受け、次世代ワクチンの設計と免疫反応を確認する非臨床試験を今後2年間実施する。

 同社は2019年に定款を変更し、AI創薬を手掛けてきた。同日に開催した会見に登壇した遠藤信博会長は「今回の資金拠出は、NECの技術が世界のトップレベルであると認められた証し。自信を持って取り組んでいきたい」と話した。