PR

 電池が唯一のエネルギー源であるEVの航続距離を延長するには、必要なエネルギーを最小化し、かつ廃熱を回収して利用するなどエネルギーを効率良く使い切ることが求められる。そのためには、車両の状態を正確かつ詳細に把握することと、エネルギーの無駄遣いをなくすことが重要になるという。

 電流センサーやESUは、そうした車両のモニタリングの一翼を担う部品・コンポーネントであり、高効率エコヒートポンプシステムと輻射ヒーターはエネルギーの無駄遣いを抑える部品・コンポーネントである。

 今回開発した電流センサーでは、検知可能な電流の範囲を±1200Aと大幅に拡大した。EVでは、エンジンから動力を得られない。このため、ときにはモーターに大電流を流して必要な駆動力を確保しなければならない。また、減速時や制動時のエネルギー回生量も大きくなる。電池との間で出し入れする電流は必然的に大きくなる。

 デンソーは、そうした大電流に対応できる電流センサーを小さなサイズで実現するために、磁気コアを使わないコアレス方式を採用した。磁気コアを使う方式と比べて、体積は40%小さい。また、電流の検知精度を上げるために、測定誤差の要因となる磁化の影響を受けにくい磁気平衡式としている。

 ESUでは、電池の充電を制御する電子制御ユニット(ECU)「充電統合ECU」と、豊田自動織機が開発した一体型の車載充電器(交流の普通充電用)・DC-DCコンバーター、急速充電器などを一体化して、小型・軽量化を図った。航続距離の延長や車室空間の拡大に寄与する。