順天堂大学と日本IBMは2022年4月13日、メタバースを活用した新たな医療サービスの構築に向けて共同研究を始めたと発表した。まず2022年内をめどに、順天堂医院の実物を仮想空間に再現した「順天堂バーチャルホスピタル」を構築する。患者の満足度向上や医師の働き方改革につなげるだけでなく、バーチャルホスピタルを起点とした新たな市場創出も目指す。

「順天堂バーチャルホスピタル」のイメージ
「順天堂バーチャルホスピタル」のイメージ
(出所:順天堂大学、日本IBM)
[画像のクリックで拡大表示]

 バーチャルホスピタルでは来院前の見学や、外出が困難な入院患者が家族などと交流する「コミュニティ広場」として活用する計画だ。さらに、説明が複雑になりがちな治療を仮想空間で疑似的に体験してもらうことで患者の理解を深め、不安を軽減して本治療に臨むといった使い方も想定する。

 より長期的な研究テーマとしては、疾患の改善にメタバースがどう活用できるかを検証する。順天堂大学の新井一学長は同日開いた記者会見で「どう活用できるかはこれから検討することになるが、高い可能性を秘めている。メインとして想定されるメンタルヘルス領域だけでなく、リハビリや生活習慣病の指導などでの期待も大きい」と語った。

都内で開いた記者会見の様子
都内で開いた記者会見の様子
(出所:順天堂大学、日本IBM)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本IBMの金子達哉ヘルスケア事業担当執行役員によると、バーチャルホスピタルの展開に合わせて、製薬や保険、アパレルなど様々な企業に参画を呼びかけ、メタバースと医療を掛け合わせた新たなエコシステムを構築していく計画だ。3年以内に新たな治療法の確立や新たな事業展開といった一定の成果を出すことを目指す。