PR

 情報処理推進機構(IPA)は2022年4月14日、国家資格「ITパスポート」の2022年3月度の試験に、7歳の小学1年生(当時)の受験者が合格したと発表した。これまでの最年少記録は2020年10月度に合格した8歳で、1年5カ月ぶりの記録更新となる。

1年5カ月ぶりに合格者の最年少記録を更新した
1年5カ月ぶりに合格者の最年少記録を更新した
(出所:情報処理推進機構)
[画像のクリックで拡大表示]

 IPAによると、ITパスポートの試験が始まった2009年4月から2022年3月までの12歳以下の応募者数は294人。そのうち合格者数は61人という。

 全体の応募者数は毎年増えており、2021年度の応募者数は前年度比約1.7倍の24万4254人だった。応募者数の累計は148万8538人で、合格者数は67万455人に及ぶ。