PR

 欧州で自動車アセスメントを手掛けるEuro NCAPは2022年4月13日、今年2回目の衝突試験結果を発表した。新たに試験したのは、欧州Stellantis(ステランテス)の「DS 4」、ホンダの3代目「HR-V」、それにルーマニアDacia(ダチア)の「Jogger」の3車種。DS 4とHR-Vは4つ星、Joggerは1つ星となった。

販売好調ながら星1つに終わったダチアのJogger
販売好調ながら星1つに終わったダチアのJogger
(写真:Euro NCAP)
[画像のクリックで拡大表示]

 フランスRenault(ルノー)傘下のダチアは、低価格を武器に欧州各国で販売を伸ばしている。昨年は、同社の「Sandero Stepway」が試験対象となったが、Euro NCAPの評価は星2つだった。「格安に固執し安全装備を簡素化した」として、昨年、手厳しい評価を受けていた。今回テストされたJoggerはそのSandero Stepwayとプラットフォームを共有するモデル。しかも、さらに安全装備を簡素化したように見える。例えば、Joggerには5人乗りと7人乗りがあるが、7人乗りの3列目シートにはシートベルトリマインダーを装備していない。そのため、Sandero Stepwayが昨年2つ星を獲得できたわずかなマージンさえ失い、近年では珍しい1つ星に評価された。

ダチアJoggerの試験結果
ダチアJoggerの試験結果
(出所:Euro NCAP)
[画像のクリックで拡大表示]