PR

 花王と日清食品は2022年4月20日、日清食品が進めている「完全栄養食」の研究に際し、花王が提供する人体の統計モデル「仮想人体生成モデル」の利用を始めると発表した。

 仮想人体生成モデルは、花王がPreferred Networksと共同で開発した統計モデルだ。健康診断などのデータを基に、食事・運動・睡眠や性格の傾向、嗜好性、ストレスの状態、月経といった健康や生活に関する1600項目以上のデータを推定する。血糖値などの侵襲的なデータについても、身長や体重など非侵襲的に得られるデータを基に短時間で推定できる。

 日清食品が研究する完全栄養食とは、見た目や味を損なわず必要な栄養素をバランス良く摂取できる食事だという。同社は完全栄養食の研究に際し花王の仮想人体生成モデルを用いて、完全栄養食を摂取した人の健康状態の変化を推測する。

 日清食品では仮想人体生成モデルを活用することで、完全栄養食による身体への影響を摂取した本人が具体的に把握可能になるとみており、花王との共同検証を通じて具体的な仕組みを検討する。将来的には、一人ひとりのアンケート結果や肌の状態、体臭といったデータからその人の健康状態を推定し、栄養バランスや量を調整した完全栄養食の提供を目指す。