PR

 NTTビジネスソリューションズ、NTT西日本、NTTスマートコネクト、メディアリンクス、朋栄の5社は2022年4月20日、放送局や番組制作会社向けの「遠隔編集サービス」提供に向けて、共創プロジェクトを発足すると発表した。遠隔編集サービスの開発およびサービス提供に向けた技術的課題を解決するため、5社共同による実証実験を5月2日から6月30日までの予定で実施する。

5社で実証実験を実施
5社で実証実験を実施
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 まず編集者は、NTT西日本が提供するFTTHアクセスサービス「フレッツ 光クロス」を利用し、自身の操作端末から、あらかじめ編集ソフトがインストールされたNTT西日本グループが各地域に展開するデータセンター上のサーバー(編集サーバー)にリモート接続し、編集作業を行う。編集者の操作端末から編集サーバーまでの間にフレッツ 光クロスを使って通信を行うことで、リモート環境下でも安定した操作性やオフィス環境と同等水準の操作性が実現できるかを評価する。

 また、編集者が編集サーバー上で編集した高精細なビデオ信号を、極低遅延マルチメディアIP伝送装置を使ってIPネットワーク上で伝送が可能な形式(SDI over IPあるいはJPEG XS)に変換し、フレッツ 光クロス経由で遠隔地のモニターに表示させる。この実験では、映像品質を測定するとともに、映像編集業務において導入可能なレベルに達しているかなどの適合性を評価する。

 NTTビジネスソリューションズ、NTT西日本、NTTスマートコネクト、メディアリンクス、朋栄の5社は、このプロジェクトの取り組みを通じて、遠隔編集サービスの事業化に向けた検討を進める。

発表資料