PR

 技研商事インターナショナルは2022年4月21日、2021年に実施した中京テレビ放送の積水ハウスの企画CMにおけるエリアマーケティング支援について、その分析リポートの一部を公開した。

 この企画CMでは、CMと連動して表示されるデータ放送において、放送を視聴した場所に応じて積水ハウスのイベント「住まいの参観日」の近くのモデルルームを表示し、データ放送で表示されるQRコードより、該当エリアの住まいの参観日HPへと誘引した。中京テレビとの共同調査として、コンバージョンとジオマーケティングの視点から広告の効果測定を行った。今回、ジオマーケティング分析のリポートを一部公開した。

 データ放送やテレビCMに表示されたQRコードが、どのエリアにどの程度表示されたかを、同社のエリアマーケティングGIS(地図情報システム)を用いて、地図上に可視化した。また、広告表示に関する集計データと、そのエリアに住む人の特性を示した「c-japan」(日本全国の町丁目/郵便番号界/メッシュを年齢/家族構成/住宅/就業や年収/地価、さらに車種別自動車登録台数、チェーン店舗の位置情報の小地域データベースを用いて11の中分類・36の小分類に分類したエリアセグメンテーションデータ)を重ねて、広告参加率の高かったエリアの特性を分析した。

 この結果、例えば広告施策の参加効率が高かったのは、「マイホーム予備軍」「子育て真っ盛り」のセグメントで、戸建て住宅に関心が高いニューファミリー層の参加率が高い傾向が見て取れたなどと分析した。

発表資料