PR

 ホンダは2022年4月25日、中国の四輪車生産・販売合弁会社である東風本田汽車(東風ホンダ)が新型電気自動車(EV)「e:NS1」を、同年4月26日に中国で発売すると発表した。

 もう1社の合弁会社である広汽本田汽車(広汽ホンダ)も同年5月に、新型EV「e:NP1」の予約受け付けを始める。ホンダは27年までに中国で、新型EV「e:N」シリーズを10車種発売する計画を打ち出している。今回の2車種は、その第1弾となる(図1、2)。

新型EV「e:NS1」
図1 東風ホンダの新型EV「e:NS1」
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

新型EV「e:NP1」
図2 広汽ホンダの新型EV「e:NP1」
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の新型EV2車種(以下、新型車)は、中国向けのEV専用プラットフォーム「e:N Architecture(e:Nアーキテクチャー)」を適用した車両である。ホンダの中国向けEV専用PFには、前輪駆動(FWD)用と後輪駆動(RWD)・4輪駆動(4WD)用の2つがある。

 このうち新型車には、FWD用PF「e:NアーキテクチャーF」を適用した。EVの販売競争が激しい中国において、競争力のあるEVを早期に投入するために、同国向けのEV専用PFを新開発した。

 新型車には大容量のリチウムイオン電池を搭載、満充電からの航続距離(中国CLTC基準)は510kmに達する。搭載する電池は中国CATL(寧徳時代新能源科技)製とみられる。予防安全の面では、運転者監視カメラ(DMC)を搭載した。運転者のわき見や居眠りなどを検知し、安全な運転を支援する。

EV専用工場を24年に稼働

 今回の新型車をはじめとするe:Nシリーズ10車種を計画通り投入するため、東風ホンダと広汽ホンダは新たなEV専用工場の建設を決めた。両社ともに、24年の稼働開始を目指す(図3、4)。

東風ホンダのEV専用工場
図3 東風ホンダのEV専用工場
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

広汽ホンダのEV専用工場
図4 広汽ホンダのEV専用工場
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、東風ホンダと広汽ホンダは新型車の発売に合わせて、オンライン販売店を本格展開する。同店では、購入検討から注文までをオンラインで完結できる。既存のショールームも刷新する。