PR

 米Twitter(ツイッター)は、米Tesla(テスラ)最高経営責任者(CEO)で、著名な起業家であるElon Musk(イーロン・マスク)氏による買収提案を受け入れる。2022年4月25日(米国時間)に発表した。買収額は約440億米ドル(約5兆6000億円)になるという。22年内の取引完了を目指す。買収後は、上場を廃止する。

ツイッター買収に関するプレスリリース(出所:「PR Newswire」)
ツイッター買収に関するプレスリリース(出所:「PR Newswire」)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の取引完了後、ツイッターの株主は1株当たり54.20米ドルを現金で受け取るという。この価格は、マスク氏がツイッター株保有を表明する直前の22年4月1日の終値に対して、38%のプレミアムを上乗せしたものである。

 マスク氏はプレスリリース内で、「言論の自由は民主主義の根幹であり、ツイッターは人類にとって必要不可欠な事柄を議論する場である」とのコメントを寄せた。新機能の追加だけでなく、アルゴリズムのオープンソース化による信頼性の向上、スパムボットの排除などを目指すという。