PR

 パソコン販売店の「ドスパラ」を運営するサードウェーブは2022年4月25日、米McAfee(マカフィー)の日本法人を相手取って賠償を求めた裁判について、東京地方裁判所がマカフィー側に2347万5262円の損害賠償を命ずる判決を下したと明らかにした。サードウェーブは「当社の主張の一部が認められ、司法の正しい判断が下ったと考えている」(広報)とコメントした。

 同裁判は、サードウェーブ製パソコンにバンドルするマカフィー製セキュリティーソフトの契約に際し、「(マカフィーが)事実に反する説明を繰り返し、複数年にわたり当社の経営判断に不当な影響を与え損害を被った」(サードウェーブ広報)として、サードウェーブがマカフィーに対して2018年10月22日付で訴訟を提起したもの。

 サードウェーブは、マカフィーがセキュリティーソフトのユーザーライセンスの更新率について事実と異なる他社の実績値を提示したと主張。「当社も(提示された他社の更新率と)同様の数字が得られるという趣旨の説明をされたが、示された数字が事実と異なっていたため経営判断に誤りが出た」(同)としている。サードウェーブは提示された他社の実績値やサードウェーブ製パソコンにおける実際の更新率など、具体的な数字については明らかにしていない。

 サードウェーブは「今回の判決により、マカフィーの不法行為に対して、司法の良識ある判断が示されたものと考えている。当社は今後も、信義則に反する不法行為に対しては適切な措置を講じる所存だ」(同)とコメント。マカフィーは「現時点でのコメントは差し控える」とした。