PR

 リコーとサイボウズは2022年4月27日、デジタルサービス事業に関する業務提携で合意したと発表した。サイボウズが手がけるクラウド型ローコード・ノーコード開発ツール「kintone」をベースに両社で共同開発したサービスを国内外で展開する。リコーは2025年度までに100億円規模のビジネスに成長させることを目指す。

 2022年10月から、kintoneをベースに両社で共同開発した「リコーブランド版kintone(仮称)」の国内提供を始める。国内展開に当たっては、リコーグループの国内販売会社であるリコージャパンが全国の中堅・中小企業を中心に、サポートも含めて提供する。リコーグループが持つグローバルの顧客基盤や販売・サポート網を活用し、2022年中に北米でサービス提供を始め、その後欧州に展開地域を広げる予定だ。

 将来的に、両社が共同開発した新サービスと、リコーが手がけるクラウド基盤の「RICOH Smart Integration(RSI)」でデータをやり取りできるようにし、蓄積したデータを活用した新ビジネスにつなげる意向だ。

関連記事: リコーが挑む「禁じ手」、複合機一本足から脱却できるか