PR

 三井住友銀行は2022年4月30日、システム障害が発生し同行ATMなどの取引がしづらい状況になっていると明らかにした。午後5時35分ごろから、勘定系システムとATMチャネル間のシステム接続が不安定になった。原因は「調査中」(同行広報)で、午後9時すぎの時点で、復旧のめどは立っていない。

 同行によると次の5つの取引が利用しづらい状況という。(1)同行本支店ATMでの他行カード取引とクレジットカード取引、(2)コンビニATMでの同行カード取引とクレジットカード取引、(3)PayPayなどへの入金チャージ、(4)SMBCデビットカード、(5)公営競技投票。