PR

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2022年5月10日に発表した同年4月の車名別新車販売台数(速報値、以下同じ)によると、登録車と軽自動車を合わせた総合順位で、ホンダの軽自動車「N-BOX」が4カ月連続で首位となった。車載半導体を含む部品不足の影響が続く中で、N-BOXは首位を守ったが、4月の販売台数は1万5450台にとどまり、3月に比べて1万台以上減った(図1)。

N-BOX
図1 4カ月連続で首位の「N-BOX」
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 総合順位の2位はトヨタ自動車の小型ミニバン「ルーミー」、3位は同社の小型車「ヤリス」シリーズである。3月に2位だったヤリスシリーズは、4月は3位に順位を下げた。同車の4月の販売台数は1万45台であり、3月より7300台以上減少した。一方、3月に4位だったルーミーは、4月は2位に順位を上げたが、同車の4月の販売台数は3月に比べて5800台以上減った(図2)。

ルーミー
図2 2位に順位を上げた「ルーミー」
(出所:トヨタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 部品不足に対応するためトヨタは4~6月を「意志ある踊り場」と位置付け、サプライヤーの人員体制や設備能力なども勘案して、生産現場に大きな負担をかけない「現実的」な生産計画を作成した。

 同計画に沿ってトヨタは、国内の全14工場(28ライン)のうち5工場の7ラインで、4月1~23日に断続的に生産を止めた。こうした生産調整が4月の販売台数に影響した。

 軽自動車でも、部品不足による生産調整の影響が続く。総合順位で10位以内に入った5車種はすべて、前年同月比で販売台数を減らした。特に6位のスズキの「スペーシア」と8位のダイハツ工業の「ムーヴ」の落ち込みが大きかった。

 また、3月に総合順位で6位だった日産自動車の「ルークス」は、4月の順位は10位以下(軽自動車だけの順位で9位)となった。同車の4月の販売台数は、3月に比べて8000台以上減った。

 なお、22年4月の新車販売上位10車種は以下の通りである(カッコ内は前年同月比の増減率、※は軽自動車)。

2022年4月メーカー名車種名販売台数
1位ホンダN-BOX1万5450台(-7.7%)※
2位トヨタルーミー1万1108台(-8.7%)
3位トヨタヤリス1万45台(-49.7%)
4位トヨタカローラ9906台(+24.2%)
5位日産ノート8114台(+42.1%)
6位スズキスペーシア7600台(-29.6%)※
7位ダイハツタント7270台(-23.2%)※
8位ダイハツムーヴ7116台(-27.0%)※
9位トヨタアルファード6699台(-11.6%)
10位スズキハスラー6690台(-2.1%)※