スーパーマーケット大手の西友で2022年5月19日、レジでの会計ができなくなるシステム障害が発生した。障害は19日午後9時ごろから発生し、深夜にかけて全国の50店舗弱に拡大した。レジは20日午前0時20分に全店で復旧した。

 障害は従業員が商品情報をレジに登録し、顧客自身が精算機で決済する「セミセルフレジ」で発生した。商品情報登録用の機器から精算機へのデータ転送が不安定になったという。西友はセミセルフレジを主力として活用しており、営業を一時休止する店舗もあった。

 システム障害の原因は「セキュリティー上の理由により非公表」(西友)としている。