PR

 韓国LG Electronicsは2022年5月17日(現地時間)、ソウルで開催されたIEEE International Conference on Communications 2022(2022年5月16~20日)において、同社のAI(人工知能)や6G向け技術を活用する自動運転コネクテッドカー「LG OMNIPOD(LGオムニポッド)」を披露した。同社は22年1月のCES 2022で映像を公開していたが、今回は実車の展示と関連技術のデモを行った。

(出所:LG Electronics)
(出所:LG Electronics)
[画像のクリックで拡大表示]
関連プレスリリース: LG Introduces its Innovative Smart Mobility and 6G Tech at IEEE ICC

 LG OMNIPODは、床から天井までを覆うスクリーンを含む車内環境を提供する。移動可能なオフィスやレコーディングスタジオ、動画編集室、ラウンジとして活用できる空間になるとしている。

(出所:LG Electronics)
(出所:LG Electronics)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回は、周波数の効率利用を可能にする全二重無線送受信、独フラウンホーファー・ハインリッヒ・ヘルツ研究所(Fraunhofer Heinrich Hertz Institute、HHI)と共同開発したパワーアンプデバイスによるテラヘルツ波データ送受信といった最新の6G向け技術や、車内から近くの車両や歩行者、各種インフラへのリアルタイム通信を可能にする「Soft V2X」ソリューションも披露。このほか、家電などへの搭載も想定したAIチップも紹介した。

(出所:LG Electronics)
(出所:LG Electronics)
[画像のクリックで拡大表示]
(出所:LG Electronics)
(出所:LG Electronics)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社では、これらの技術を基盤として、6G通信やスマートモビリティー、メタバース、ロボティクスなどに向けた技術開発を続けていくとしている。