PR

 日本電産は2022年5月23日、中国浙江省に駆動用モーターとインバーター、減速機を一体化した同社の電動アクスル「E-Axle(イーアクスル)」の旗艦工場を新たに建設すると発表した(図1)。22年10月に着工し、稼働は23年10月を計画する。

図1 新工場の完成予想図
図1 新工場の完成予想図
中国浙江省平湖(ピンフ)市に建設する。(画像:日本電産)
[画像のクリックで拡大表示]

 新工場は、日本電産の電動アクスル工場としては「最大規模」(同社広報)だ。年間生産能力は、フル稼働となる24年度に100万台を計画する。電動アクスルの構成部品であるモーターやインバーター、歯車などを生産して、これらの組み立てまで一貫で手掛ける。敷地面積は7万2800m2で、フル生産時の人員規模は約2500人を見込む。

 日本電産のEVの駆動用モーターに関連した工場としては、世界で7カ所目で、中国では5カ所目となる。同社は25年度を同モーターの需要が急増する「分水嶺(ぶんすいれい)」と位置付けており、同年度までに3000億円を投じて、電動アクスルの年間生産能力を約700万台まで引き上げる計画だ。22年1月時点では「第7、第8、第9などのグローバル製造拠点を立案中」(同社)としており、今回の7カ所目の製造拠点建設に続いて、今後も生産能力の増強が見込まれる。

 日本電産は中国で、22年4月末までに電動アクスルを累計で37万台以上販売している(図2)。21年は外製メーカーとしてのシェアで首位だった。新工場の建設で、中国における競争力強化を加速する狙いがありそうだ。

図2 日本電産の電動アクスル「E-Axle(イーアクスル)」
図2 日本電産の電動アクスル「E-Axle(イーアクスル)」
駆動用モーターとインバーター、減速機を一体化した電動駆動モジュールである。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]