PR

 ドイツBMWグループは2022年5月23日、リチウムイオン2次電池セルの生産技術を開発する「セル生産コンピテンスセンター(Cell Manufacturing Competence Centre、CMCC)」を設立し、22年秋から稼働を開始すると発表した。ドイツ・ミュンヘン郊外のパースドルフにある約1万5000m2の敷地で、次世代高性能電池セルの量産技術を開発・実証する。

パースドルフのCMCC建設予定地
パースドルフのCMCC建設予定地
(写真:BMW Group)
[画像のクリックで拡大表示]

 CMCCの試作ラインでは、セルがどのように作られていくのかを、完全に理解することができる。これにより、サプライヤーはBMW独自の仕様に合わせてセルを生産し、品質や生産量、コストなどを最適化できるようになる。BMWグループには自社で電池セルの生産を行う計画がないため、この研究センターを通じて、サプライヤーに生産技術を移転する。

 CMCCへの初期投資額は約1億7000万ユーロ。電池セルの生産は技術が複雑なため、段階的に試運転を行う。まず電極の生産システムを導入して稼働する予定だ。このプロセスは、電極の原料となるグラファイトやニッケル酸化物などを計量、混合し、金属箔をコーティング、最後に圧縮するまでの工程を含む。

 第2段階では、セルの組み立てシステムを導入する。ここでは、電極を他のサブコンポーネントと一緒に加工して電池セルを成形し、品質をチェックする。このプロセスの立ち上げには1年ほどかかるため、電池セルの生産開始は翌年になる予定である。