PR

安全技術の競争力が試される自動車メーカー

 両車とも多くの衝突予防技術を備えているものの、最近搭載するモデルが増えてきた前席のセンターエアバッグなど、最新の安全装備は搭載されていない。今回5つ星を獲得した他のモデルは、成人乗員保護性能が90%以上となっているが、ステランティスの2モデルは80%以下となり、4つ星にとどまった。またこの評価はプラグインハイブリッド車にも適用されるという。

Peugeot 308(標準安全装備)の評価
Peugeot 308(標準安全装備)の評価
(出所:Euro NCAP)
[画像のクリックで拡大表示]

 最近の評価において、5つ星と4つ星の差は先進安全装備(ADAS)の性能の違いによるものだと考えられがちだが、それはベースとなる成人乗員保護性能が高いモデルが多くなっているためだ。Euro NCAPは、「ADASの衝突予防も大事だが、回避できずに衝突した際の乗員の保護性能が高いことも同じぐらい重要である。もちろん衝突しないことの利点は計り知れないほど大きい。今後数年間、自動車メーカーは安全性のすべての分野に重点を置き、安全性の競争に取り残されないように努力する必要がある」とコメントした。