PR

 オプテージは2022年6月1日、スマートホームIoT(Internet of Things)のプラットフォーマーであるリンクジャパンと資本業務提携契約を締結したと発表した。今回の資本業務提携により、スマートホームIoT事業において両社の経営資源を活用しながら新サービスを迅速に開発するとともに、全国展開を本格的に加速させる方針。

 リンクジャパンは、スマートホームIoT分野において数多くの商品をラインアップするとともに、他社サービスとの連携が可能なIoTプラットフォームを保有する。オプテージとリンクジャパンは、2018年ごろから協業パートナーとしてスマートホームIoTサービスの提供を行ってきた。

 同日、今回の資本業務提携を受けて東京都渋谷区に、スマートホームIoTを実際に体験できるショールームを開設したことも発表した。開発を進める無人内覧予約システム「セルフ内覧」(物件探しに必須であるお部屋の内覧をIoTでスマート化するもの)のほか、各種家電の制御・遠隔操作、環境センサーによる温度・湿度・照度の感知、スマートカメラによる監視・見守り、スマートロックの施錠・解錠などといったスマートホームIoT、クラウドカメラの機能を体験できる。

発表資料