楽天銀行は2022年6月2日、楽天銀行デビットカードの一部取引において、利用代金が二重引き落としされる事象が発生していると発表した。原因は米決済サービス大手ワールドペイのシステム障害だ。楽天銀行によると「ワールドペイが影響範囲の特定などを進めている」とのこと。

 二重引き落としの発生を発表したのは6月2日午後3時。対象は米マスターカードブランドのデビットカードだ。米ビザやJCBブランドのデビットカードでは、同様の事象は起きていないとする。現時点で二重引き落としが発生した件数や金額は未公表だ。

 楽天銀行はワールドペイによる影響範囲の特定後、二重引き落としが発生した顧客に対し、数日内に顧客の口座に返金する予定だ。