PR

 韓国Samsung Electronics(サムスン電子)と韓国NAVER Corporation(ネイバー)傘下のNAVER Cloudは2022年6月2日(現地時間)、プライベート5Gサービスの商用化に関して業務提携すると発表した。まずは同月より、NAVER新社屋にて韓国初とするプライベート5Gネットワークの運用を開始する。プライベート5Gネットワーク活用事例として、世界初とするクラウド制御型自律走行ロボットについても紹介している。

(画像:Samsung Electronics)
(画像:Samsung Electronics)
[画像のクリックで拡大表示]
関連ニュースリリース: Samsung Electronics Collaborates With NAVER Cloud To Launch Korea’s First Private 5G Network

 NAVER Cloudは、NAVERとその子会社にITインフラやソリューションサービスを提供すると同時に、さまざまな業界に向けたパブリッククラウドサービス「NAVER Cloud Platform」を提供している。今回は、NAVERの第2本社社屋「1784」にプライベート5Gネットワークを配備すると同時に、NAVER従業員に荷物や昼食、コーヒーなどを届ける自律走行型ロボットサービスも導入する。既に3フロアにて40体のロボットが稼働しており、年内には36階建ての全フロアに100体超のロボットを投入する予定だという。

[画像のクリックで拡大表示]
(画像:Samsung Electronics)
(画像:Samsung Electronics)
[画像のクリックで拡大表示]

 各ロボットにチップセットを埋め込む代わりにクラウド上の「Rookie」がロボットの脳の役割を担う。Samsungのプライベート5Gネットワークは、クラウドとこれらのロボットをリアルタイムで接続する神経ネットワークの役割を果たす。今後は、デジタルツインや高画質3Dマッピング、AIなどの次世代技術を適用し、ロボットが自ら学習しながら建物内を自律走行する仕組みなども作っていくとしている。

(画像:Samsung Electronics)
(画像:Samsung Electronics)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のシステムにはSamsungのプライベート5Gコア「Compact Core」を用いており、周波数帯は4.7GH帯と28GHz帯を利用している。上り通信の周波数割り当てを40%まで確保できる最適化機能も用意し、通常の約2倍の大容量データを一度にアップロード可能となっている。また、中周波数帯とミリ波の同時接続が可能なNR-DC(New Radio-Dual Connectivity)技術にも対応している。

 両社は、今後も継続的にプライベート5Gネットワークの研究開発を進め、交通システムや病院、学校を含むさまざまな分野でのプライベート5Gネットワーク活用に向けた技術提供を行っていくとしている。