PR

 ENEOSは2022年6月6日、日本電気(NEC)との間で、電気自動車(EV)充電サービス事業の譲渡契約を締結したと発表した。NECが運営・管理および システム運用を行っている約6100基のEV充電器のうち、約4600基の運営・管理業務を承継する。EV充電器の運用管理システムについては引き続きNECが提供する。

ENEOSは、EV関連サービスについて新たにWEBサイト(https://www.eneos.co.jp/ev/)をオープンした
ENEOSは、EV関連サービスについて新たにWEBサイト(https://www.eneos.co.jp/ev/)をオープンした
(出所:ENEOS)
[画像のクリックで拡大表示]

 ENEOSは、低炭素・循環型社会への貢献を掲げた40年までのグループ長期ビジョンに沿って、次世代型エネルギーの供給と地域サービス事業の育成・強化を図っている。とくに経路充電のEV充電網の拡充を推進し、サービスステーションや他社との協業による急速充電および普通充電ネットワークの拡大を目指すという。具体的には、急速充電器を25年度までに1000基以上、30年度までに数千から1万基を設置する計画だ。