NECは2022年6月9日、5G(第5世代移動通信システム)の社会実装に向けて顧客企業やパートナー企業と連携して活用事例を創り出す共創拠点「NEC CONNECT 5G Lab」を開設したと発表した。開設したのは、川崎市にあるNEC玉川事業場だ。

NECが開設した「NEC CONNECT 5G Lab」の様子
NECが開設した「NEC CONNECT 5G Lab」の様子
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はこれまでもローカル5Gの実証を行う場として2020年3月、「NECローカル5Gラボ」を設立。さまざまな業種の顧客企業と50件以上の実証を手掛けてきた。NECローカル5Gラボでの取り組みは、顧客企業とNECが1対1で技術を検証していくことが中心だったが、より多くの活用事例を生み出したり、社会実装を加速したりしていくため、NECローカル5GラボをNEC CONNECT 5G Labにリニューアルした。

 NEC CONNECT 5G Labでは、実証で活用できるローカル5Gの技術の種類を増やすほか、通信事業者がサービス提供している「キャリア5G」などの技術でも実証できるようにする。パートナー企業にも実証に参画してもらい、アマゾン ウェブ サービス ジャパンといったプラットフォーム関連ベンダーや、NTTドコモといったネットワーク関連ベンダーなどと連携していく。