PR

 米Tesla(テスラ)は2022年6月10日、SUV(多目的スポーツ車)タイプの電気自動車(EV)「モデルY」の受注を日本で開始したと発表した。価格は619万円(税込み、以下同)からで、同年8月より納車を開始する予定だ。中国・上海の工場で生産した車両を輸入する。

モデルYの外観
モデルYの外観
(写真:テスラ)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで、日本市場でテスラが販売するSUVは大型の「モデルX」のみだった。今回受注を開始するモデルYの車両寸法は、全長4760mm×全幅1925mm×全高1625mmとモデルXより小さいサイズとなる。

インストルメントパネル中央には15インチの大型ディスプレイを搭載
インストルメントパネル中央には15インチの大型ディスプレイを搭載
(写真:テスラ)
[画像のクリックで拡大表示]

 グレードは四輪駆動(4WD)の「モデルY パフォーマンス」(以下パフォーマンス)と後輪駆動の「モデルY RWD」(以下RWD)の2種類を展開する。パフォーマンスは、大容量のリチウムイオン電池を搭載しており、一充電走行距離は595km(WLTCモード)だ。停止から100km/hまで3.7秒で達する。ドイツPorsche(ポルシェ)のスポーツカー「911 カレラS」と同等の速さだ。価格は809万円である。

 RWDの一充電走行距離は507km(WLTCモード)となる。価格は619万円に設定した。日本市場では2022年に入って600万円前後のEVが増えている。例えば、トヨタ自動車が同年5月に発売したSUVタイプのEV「bZ4X」の前輪駆動モデルは、一充電走行距離は559km(WLTCモード)で、参考価格が600万円だ。ドイツAudi(アウディ)が同年秋に日本市場へ導入予定のEV「Q4 e-tron」も516km(欧州値)で599万円からに設定した。このように日欧のメーカーが中型サイズのSUVタイプのEVを積極的に市場導入しており、テスラも今回のモデルYでこれらに肩を並べた形だ。

モデルYと競合車の比較
モデルYと競合車の比較
各社の発表情報を基に日経クロステックが作成。(写真:テスラ、アウディ、トヨタ自動車、日産自動車、現代自動車)
[画像のクリックで拡大表示]