PR

 ルネサス エレクトロニクスは、組み込み向けAIソフトウエア企業の米Reality Analytics(リアリティー アナリティクス、以下Reality AI、図1)を現金で買収することで同社と契約を締結した、と2022年6月9日(日本時間)に発表した ニュースリリース 。ルネサスのマイコンとReality AIのソフトウエアを組み合わせることで、IIoT(Industrial Internet of Things)や民生、自動車など、様々なエンドポイント機器のインテリジェント化を図る。

図1 Reality Analyticsのロゴと同社技術の特徴
図1 Reality Analyticsのロゴと同社技術の特徴
(画像:Reality Analytics)
[画像のクリックで拡大表示]

 ルネサスはAI(人工知能)/機械学習において、これまで主に画像解析向けの推論処理に注力してきた。カメラ画像の解析に推論処理を適用することで、ADAS(先進運転支援システム)における人や物体の認識、工場製造ラインにおける不良品検出などの高精度化・高速化を図るもので、車載SoC(System on a Chip)の「R-Car」などのハイエンドプロセッサーICを利用することが前提となっていた。また、学習処理について、ルネサス自身が直接サポートすることはなく、推論に使うモデルは、開発用ソフトウエア(フレームワーク)を含めてユーザー(またはエコパートナー)が用意していた。

 一方、買収の契約を結んだReality AIは、組み込みAIに的を絞った企業で、主に画像よりは軽いデータ、例えば、音声データなどの解析を得意分野とする。画像よりも軽いデータを扱うため、マイコンなどのミッドレンジ/ローエンドのプロセッサーICでも実用的な推論処理を行えるという。Reality AIは学習用のソフトウエアも用意している。同社の主力製品の「Reality AI Tools」がそれである。このソフトウエアを使って、マイクロホンなどの非視覚センサーから得られたデータを収集、解析し、軽量な学習モデルを生成する。この学習モデルを使う推論処理を、ルネサスのマイコンなどで実行する。

 Reality AIは2016年創業で、同社の多くの技術は、もともと諜報(ちょうほう)機関や防衛機関における信号分析のために開発されたものだという。同社の技術を実装したセンサーは、工場の異常検出や自動車内での音声認識などで実用化されている。ルネサスはReality AIの買収により、同社の組み込みAI技術や、主要な知的財産、ソフトウエア、ツールに加えて、AI専門人材を獲得する。さらに、米国メリーランド州の研究開発拠点も取得することになる。今回の買収は、両社の取締役会にて全会一致で可決されており、Reality AIの株主および関係当事国において必要となる当局の承認の取得と一般的な買収手続きの完了をもって、2022年末までに完了する見込みという。なお、買収金額は発表されていない。