PR

 日立製作所は2022年6月13日、今後3年間でデジタル関連のM&A(合併・買収)などに総額5000億円規模を投資する計画を明らかにした。約1兆円を投じた米GlobalLogic(グローバルロジック)のような大型買収ではなく、同社の成長を補うような投資を複数検討しているという。

 日立の徳永俊昭副社長が2022年6月13日に開催した「Hitachi Investor Day 2022」で明かした。日立は2025年3月期までの中期経営計画の期間中に、M&Aなどデジタル関連の事業拡大投資として総額5000億円規模、IoT(インターネット・オブ・シングズ)関連のLumadaの開発投資として2000億円規模を計画している。

 徳永副社長は「1カ所で5000億円という投資ではなく、複数カ所でLumadaのケイパビリティーを強化するための投資を検討している」と語った。具体的には、グローバルロジックやLumadaの成長に向けて、比較的手薄な地域や新たな事業領域への進出の足掛かりになるような投資などを考えているとした。

 日立は2025年3月期に、ITサービスなどの「デジタルシステム&サービスセクター」において、売上収益2兆6000億円(2022年3月期は2兆1536億円)、Adjusted EBITA(調整後EBITA)で4000億円(同2814億円)といった業績目標を掲げる。目標達成に向けては、グローバルロジックの売上収益やLumadaのサービス事業比率などをKPI(重要業績評価指標)として定めた。