PR

 パナソニック コネクトは2022年6月14日、同社の配送システム「配送見える化ソリューション」と携帯型端末「TOUGHBOOK(タフブック)」を自動車関連部品・用品を取り扱うトヨタモビリティパーツ(以下、TMP)に納入したと発表した。TMPの栃木支社から稼働を始め、2022年4月に全国展開を開始した。

 TMPは2020年6月以降、トヨタ自動車とダイハツ工業、SUBARU(スバル)のディーラーなどで扱う自動車補修部品の共同配送を順次始めてきた。共同配送の取り組みを進めるなかで見えてきた課題が、管理体系の統一化である。各社が使用する配送システムがばらばらで、部品情報を管理するラベルが異なっていた。配送担当者は目視での検品が必要になり、ミスを誘発したという。

 パナソニック コネクトは今回、各社異なるシステムとラベルを統一し、一元管理することでこうした課題を解決した。「一つの配送コースで複数の自動車メーカーの配送業務を兼務できる」(パナソニック コネクト モバイルソリューションズ事業部事業開発部主幹技師の里平利彦氏)のが特徴だ。

 実際の業務ではまず、トヨタとダイハツ、スバルの部品をTMPの倉庫に集約する。そこで、ダイハツとスバルの部品にはトヨタ方式に準じた標準出荷ラベルを添付する。それらを配送コース別に仕分け、配送する。

端末で荷物の情報が入ったQRコードを読み取るデモンストレーションの様子
端末で荷物の情報が入ったQRコードを読み取るデモンストレーションの様子
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 配送見える化ソリューションは、配送プロセスを管理するクラウドシステムだ。パナソニック コネクトの子会社であるベルギーZetes(ゼテス)のシステム「ZETES CHRONOS(ゼテス クロノス)」を活用している。運行管理者のパソコンと配送ドライバーの携帯型端末を、クラウドサーバーを通して相互連携し、配送状況・作業をリアルタイムに把握できるようにした。

 物流業界は現在、2024年4月以降、自動車運転業務の年間時間外労働が上限960時間に制限される「2024年問題」やドライバー不足など、様々な問題に直面している。パナソニック コネクトは、自動車業界以外に食品やコンビニ業界からも問い合わせが来ているとしており、配送見える化ソリューションで物流業界の問題に対応していきたい考えだ。