PR

 NTTデータ経営研究所とシュア・ジャパンは2022年6月13日、オンライン会議のデジタル音声の音質の違いがもたらす生体ストレス反応への影響を検証する実証実験の結果を公開した。音質が悪い会議では内容が理解されないだけでなく、参加者にストレスを与えることを確認した。

 実験はオンライン会議に対する「対面で会議をするよりも疲れる」「内容が理解しにくい」といった声を受け、その原因解明を目的に実施した。実験の結果、認知機能に対する負荷が継続すると同機能が低下し、理解力や判断力、反応のスピードといった会議参加にとって重要な能力が鈍ることが推測されたという。内容が理解できないことによるストレスは会議後半にかけて蓄積されていくことも分かった。

 実証実験を指揮したNTTデータ経営研究所ニューロイノベーションユニットの磯村昇太氏は「現場の生産性を高めたり、従業員にとってベストな働く環境を用意したりすることは、経営戦略の中核ともいえる。オンライン会議の音質は、経営層が今後注目すべき重要な要素だ」とコメントしている。