PR

 TVerは2022年6月16日、テレビ番組の見逃し配信などを提供する民放公式テレビ配信サービス「TVer」における効率的なプッシュ通知を使ったプロモーション手法について、慶応義塾大学星野研究室と共同研究を開始すると発表した。この共同研究では、どのようなプッシュ通知が効果的で、ユーザーが番組を見逃さないかを分析することを目的とする。

 テレビ番組の見逃し配信では、見逃し配信自体を視聴者が見逃さないようにすることが重要な課題となる。これを防ぐための1つの手法としてアプリへのプッシュ通知があるが、これを頻繁に送ることや送信するタイミングによっては逆効果になるケースもある。

 TVerは、「プッシュ通知によるユーザーコミュニケーションは、サービス・業態ごとに異なっており、最適な方法というものはない。そこで蓄積した視聴データや行動データ、それに基づくプッシュ通知を実施して、その結果を基に統計・機械学習を活用し、行動経済学を専門とした企業データの分析に多く取り組んでいる慶応義塾大学星野研究室と共同研究を行う」としている。

発表資料