PR

 ルネサス エレクトロニクスは、Bluetooth Low Energy(BLE)対応の無線通信回路を集積したマイコン「SmartBond DA1470x SoCファミリ」(以下、DA1470x、図1)を発表した ニュースリリース 。音声検出器(voice activity detector:VAD)を集積しており、BLE通信対応機器、例えば、スマートウオッチやフィットネストラッカーなどのウエアラブル機器、血糖値モニターなどの民生医療/ヘルスケア機器、ディスプレー付き家電、産業オートメーション、セキュリティーシステム、e-BIKEやゲーム機のコンソールを音声で立ち上げ可能にする(図2)。

図1 新製品と特徴
図1 新製品と特徴
(画像:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 新製品の応用先のイメージ
図2 新製品の応用先のイメージ
(画像:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 DA1470xは、CPUに最大160MHz動作の「Arm Cortex-M33」、センサーノード制御に「Arm Cortex-M0+」、さらに2.4GHz帯RF回路、BLE 5.2やユーザー独自プロトコル対応のコンフィギュラブルMAC、2D GPU(Graphics Processing Unit)コア、1.5Mバイトのデータ用SRAM、電源管理回路、各種インターフェース、そしてVADなどを集積する(図3)。多くの回路を集積したことで、BOM(部品表)コストを大幅に削減し、機器のプリント回路基板を小型化できるとする。新製品のパッケージは、6.2mm×6mmと小型のVFBGAである。

図3 新製品の機能ブロック図
図3 新製品の機能ブロック図
(出所:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品は消費電力が低いことも特徴で、センシングやグラフィックス表示、キーワード起動などの機能を備えた常時オンの機器を実現できるという。例えば、新製品の1つ「DA14706」を搭載した、中国Xiaomi(小米、シャオミ)のスマートバンド「Xiaomi Mi band 7」は、1.62インチで192画素×490画素のAMOLEDディスプレーを搭載し、通常利用時で15日間のバッテリー持続時間を実現しているという(図4)。

図4 新製品を搭載したスマートバンド「Xiaomi Mi band 7」
図4 新製品を搭載したスマートバンド「Xiaomi Mi band 7」
(画像:Xiaomi)
[画像のクリックで拡大表示]

 DA1470xは、メモリーインターフェースやDC-DCコンバーターなどの有無が異なる、DA14701、DA14705、DA14706、DA14708の4製品から成る(図5)。開発キットとして「SmartBond DA1470x Bluetooth Low Energy Development Kit Pro」(製品番号:DA14706-00HZDEVKT-P)を用意している(図6)。

図5 4製品の主な違い
図5 4製品の主な違い
(出所:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]
図6 開発キット「SmartBond DA1470x Bluetooth Low Energy Development Kit Pro」
図6 開発キット「SmartBond DA1470x Bluetooth Low Energy Development Kit Pro」
(画像:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]