研究部門の7割が活用、MIで新材料の探索加速させるAGC

図4  AMIBAで得られる分析結果の例 ARDISから出力したデータ(上段右)をAMIBAにアップロードして各種分析を実行する(上段左)。ここでは、ガラスの成分(説明変数)として酸化ケイ素(SiO<sub>2</sub>)、酸化アルミニウム(Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>)、酸化マグネシウム(MgO)、酸化ナトリウム(Na<sub>2</sub>O)、酸化カリウム、(K<sub>2</sub>O)の配合比率と、ヤング率(目的変数)の関係を学習データとして与えた。下段は、モデルの精度を把握するのに適した部分的最小2乗(PLS)回帰の結果(下段左)と、重要度計算の結果(下段中央)、データ間の類似性の可視化に適したデータマッピングの結果(下段右)。(出所:AGC)
図4  AMIBAで得られる分析結果の例
ARDISから出力したデータ(上段右)をAMIBAにアップロードして各種分析を実行する(上段左)。ここでは、ガラスの成分(説明変数)として酸化ケイ素(SiO2)、酸化アルミニウム(Al2O3)、酸化マグネシウム(MgO)、酸化ナトリウム(Na2O)、酸化カリウム、(K2O)の配合比率と、ヤング率(目的変数)の関係を学習データとして与えた。下段は、モデルの精度を把握するのに適した部分的最小2乗(PLS)回帰の結果(下段左)と、重要度計算の結果(下段中央)、データ間の類似性の可視化に適したデータマッピングの結果(下段右)。(出所:AGC)

カーソルキー(←/→)でも操作できます