PR

 スウェーデンAktiebolaget Volvo(ABボルボ)は2022年6月20日、燃料電池大型トラックを開発し、走行試験を開始したと発表した。同社はカーボンニュートラル(炭素中立)を目指し、これまでに電気自動車(EV)トラックや、バイオ燃料トラックなどを開発してきた。燃料電池トラックは3種類目の炭素中立トラックとなる。数年後にはユーザー企業と実証試験を始め、20年代後半の市販を目指す。

燃料電池トラック「Volvo FH FCEV」
燃料電池トラック「Volvo FH FCEV」
(写真:Aktiebolaget Volvo)
[画像のクリックで拡大表示]

 ABボルボは、数年前から燃料電池トラックの開発を始めた。今回試験するトラックは、水素燃料電池を2基搭載し、合わせて300kWの電力を発電できる。航続距離はディーゼルトラック並みの最大1000kmになるという。水素タンクの容量は未発表だが、補給時間は15分未満だとする。車両総重量は65トン以上になる模様だ。

キャブの後ろに水素タンク、キャブの下に燃料電池を搭載し、ルーフの上から水蒸気を排出する。
キャブの後ろに水素タンク、キャブの下に燃料電池を搭載し、ルーフの上から水蒸気を排出する。
(写真:Aktiebolaget Volvo)
[画像のクリックで拡大表示]

 使われる燃料電池は、ABボルボとドイツDaimler Trucks(ダイムラー・トラック)の合弁会社であるCellcentric(セルセントリック)が供給する。セルセントリックは大型車向けの燃料電池を生産する工場を建設する予定という。

水素供給設備と燃料電池トラック
水素供給設備と燃料電池トラック
(写真:Aktiebolaget Volvo)
[画像のクリックで拡大表示]

 燃料電池トラックには多くの利点もあるが、いくつか課題もある。最大の課題は、大型車向けの水素供給インフラが未整備であることと、化石燃料由来でないグリーン水素の大規模供給体制が整っていないことだ。風力、水力、太陽光などの再生可能エネルギーで製造したグリーン水素を使わなければ、炭素中立にはならない。ただし、自動車産業以外の産業でもCO2排出量を削減するためにグリーン水素を必要とすることから、同社は今後数年間でグリーン水素の供給は大幅に増加すると見ている。