BIPROGY(旧日本ユニシス)は2022年6月23日、尼崎市の全市民情報が入ったUSBメモリーの紛失に関して陳謝した。同社は「お預かりした大切な情報を紛失するという事態となり、尼崎市民の方々、および関係各位には、多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くおわび申し上げます」とのコメントを発表した。

 BIPROGY関西支社は尼崎市から住民税非課税世帯などに対する臨時給付金支給事務を受託していた。尼崎市によると、同社関西支社の協力会社社員は6月21日、コールセンターでのデータ移管作業のため、同市の市政情報センターから必要なデータを記録したUSBメモリーを持ち出した。作業終了後、飲食店に立ち寄って食事や飲酒をし、その帰宅時にUSBメモリーを入れたかばんの紛失に気づいたという。

関連記事: 尼崎市の全市民46万人の住基情報含むUSBメモリーが紛失、委託先関係社員が持ち出す

 USBメモリーには、氏名や住所といった全市民の住民基本台帳の情報(46万517人分)のほか、住民税に関する情報(36万573件)、生活保護受給世帯と児童手当受給世帯の口座情報(それぞれ1万6765件、6万9261件)などが記録されていた。

 BIPROGYによると、USBメモリーにはパスワードを設定し、内容は暗号化されていたという。また、6月23日午後3時時点で第三者への情報漏洩や不正利用などの事実は確認していないとしている。