PR

 障害者向け就労支援サービスなどを手掛けるLITALICO(リタリコ)とLITALICOパートナーズは2022年6月24日、ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)によるサイバー攻撃を受けたと発表した。

 同社がサイバー攻撃を把握したのは2022年6月20日。社内調査の結果、ランサムウエア「Phobos」の亜種とみられる不正プログラムによって社内データの一部が暗号化され、社内サーバーに対する不正アクセスも受けていたことが判明したという。

 これを受けて同社は、警察に報告するとともに被害の拡大防止策を講じ、社内チームと外部専門機関による調査を進めている。個人情報の情報流出などは同日時点で確認できておらず、業務への支障もない、としている。