PR

 イタリアFerrari(フェラーリ)の日本法人フェラーリ・ジャパンは2022年6月24日、最新のV型6気筒エンジンとモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド車(PHEV)「296 GTS」を鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)にて日本で初公開した。296 GTSは「296 GTB」のオープンモデルだ。これにより、日本でのフェラーリの電動車は「SF90 Stradale」と「SF90 Spider」、296 GTB、296 GTSの計4台となる。

(写真:日経クロステック)
296 GTSのフロントビュー
[画像のクリックで拡大表示]

 296 GTSのパワートレーンにはバンク角120度で排気量3.0Lの新V6エンジンと、出力122kWのモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムを搭載する。システムの最高出力は合計610kWとなる。電池容量は7.45kWhで、電力のみを使うeDriveモードでの航続距離は25kmだ。停止状態から100km/hまで2.9秒で達する。

 296 GTSは「6気筒エンジンが搭載される、フェラーリのバッジを付けた初めてのオープンモデルだ」(フェラーリ・ジャパン代表取締役社長のフェデリコ・パストレッリ氏)。電動化によってエンジンはダウンサイジングするが、これまでのエンジンと比較してエンジン音やエモーショナルな走りは変わらないという。またエンジンを小型化したことにより、ホイールベースを短くすることができた。V型8気筒エンジンを搭載する「F8」と比べて50mm短い2600mmで、フェラーリのラインアップの中で最も短いとしている。

  ルーフには軽量なリトラクタブル・ハードトップ(RHT)を採用した。45km/hまでなら走行中でも14秒で開閉可能だ。ルーフは2つに分離され、エンジン前方に格納する。