PR

 ヤマハ発動機は2022年6月28日、自社工場でのカーボンニュートラル(温暖化ガス排出量実質ゼロ)達成を2035年に前倒しすると発表した。2021年7月に公表した従来計画では2050年の達成を掲げていた。エネルギーの消費量を削減する「最少化」と再生可能エネルギー(再エネ)などの比率を高める「クリーン化」の2つを軸に二酸化炭素(CO2)を削減する。

ヤマハ発動機のカーボンニュートラルに向けた計画
ヤマハ発動機のカーボンニュートラルに向けた計画
(画像:ヤマハ発動機)
[画像のクリックで拡大表示]

 「最少化」の具体的取り組みとして、設備の待機エネルギーなど付加価値を生まないエネルギーを徹底的に減らす。同社の生産現場に根付く「理論値生産」という手法を応用する。理論値生産とは、製造における作業を「価値」「準価値」「無価値」に分類し、価値のある作業を限りなく高めようとする考え方。使用エネルギーについても、価値を分類して無駄なエネルギー利用を洗い出し、無くしていく。

 加えて、工程革新による省エネも進める。設備更新の際は従来比で30%以上エネルギーの使用量を削減する計画だ。特に同社においてエネルギーを使う鋳造、加工、塗装の3工程に注力する。実際に鋳造工程では、2022年に新しいダイカスト鋳造機を導入し、CO2を従来比で49%削減した。油圧機構をサーボモーターで電動化してロスを減らした他、保持炉では排熱を回収し、省エネ化した。

ヤマハ発動機本社工場で稼働を始めた最新鋭のダイカストマシン
ヤマハ発動機本社工場で稼働を始めた最新鋭のダイカストマシン
(写真:ヤマハ発動機)
[画像のクリックで拡大表示]