PR

 調理ロボットを開発するTechMagic(東京・江東)は2022年6月30日、パスタを自動調理するロボットをプロントコーポレーション(東京・港)の運営する飲食店「エビノスパゲッティ 丸ビル店」へ導入し、稼働を開始したと発表した(図1)。パスタをゆで、ソースを混ぜて加熱調理するといった作業を自動化し、スパゲティ1食を最短45秒で調理できる。従来は2~3人必要だったキッチンスタッフが、1人でも運営できるようになる。新型コロナウイルスの感染予防にも役立ちそうだ。

図1 調理ロボットを導入した飲食店「エビノスパゲッティ」
図1 調理ロボットを導入した飲食店「エビノスパゲッティ」
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
TechMagicのニュースリリース 1食あたり最速45秒で調理!世界初のパスタ自動調理ロボット、「P-Robo」が実店舗で稼働開始

 TechMagicが開発したパスタ自動調理ロボット「P-Robo」は、注文に応じて麺をゆで、鍋に移して具材・ソースを混ぜて加熱調理する(図2、3)。さらに鍋の移動や洗浄といった連続した工程を自動化できる「世界初」(同社)のロボットという。4つの鍋を高出力のIH(電磁誘導加熱)で同時に加熱するため調理時間を短縮でき、1食目は約75秒、2食目以降は約45秒で提供できる。1時間当たりで最大90食を提供できる。

図2 ゆでたパスタをロボットが鍋に移し替えている
図2 ゆでたパスタをロボットが鍋に移し替えている
(写真:TechMagic)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 鍋でパスタを加熱調理している様子
図3 鍋でパスタを加熱調理している様子
高出力のIHで調理時間を短縮した(写真:TechMagic)
[画像のクリックで拡大表示]

 提供するスパゲティは8種類で、「熟練シェフの味を再現できるように工夫した」(TechMagic)という。最後の盛り付け・トッピング作業にはスタッフが必要だが、パスタ具材などの確認のためにAI(人工知能)による画像認識システムも導入した(図4)。スタッフは操作画面からP-Roboが今何を調理しているか一目で確認でき、レシピの更新も簡単にできる。

図4 調理ロボットで作った8種類のスパゲッティ
図4 調理ロボットで作った8種類のスパゲッティ
(写真:TechMagic)
[画像のクリックで拡大表示]

 TechMagicのCEO(最高経営責任者)である白木裕士氏は、「調理ロボット市場はまだ小さいが、日本だけでなく世界へ展開できる可能性がある。日本の技術力を生かしていきたい」と述べる(図5)。今後もさまざまな用途に合った調理ロボットを開発し、飲食業界の業務負担の軽減と人手不足の解消に取り組んでいくとした。

図5 TechMagicのCEO(最高経営責任者)、白木裕士氏
図5 TechMagicのCEO(最高経営責任者)、白木裕士氏
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]